電卓

投資信託は証券会社の比較から始めよう|資産運用のプロ集団

資産運用を考えるにあたり

貯金箱

証券会社等の金融機関では様々な商品を扱っていますが、運用初心者にとっては、投資信託は身近な金融機関で購入できるなど始めやすい商品です。購入する場合は、運用コストが商品によって違いますので、しっかり比較検討する必要があります。

More Detail

資産運用の時代

株式

安全な資産運用

銀行の低金利化に伴い、株や国債などでの資産運用が注目されています。個人資産家は、証券会社を通じてこれらの金融商品を買います。金融商品としては様々な商品があります。海外のヘッジファンドが販売しているローリスクハイリターンの金融商品もあれば、証券会社が販売している比較的安全な投資先をバランス良く組み合わせた商品である投資信託があります。例えば、国債や社債と株式を組み合わせた商品等です。投資信託は、ローリスクローリターンです。大きく利益を得ることもできませんが、大きく損することも無いです。そのため、リーマンショックのような大きい金融危機に直面しても、最悪資産をすべて失うという危険がないのが特徴です。

手数料まで考えよう

証券会社で投資信託を買う際に、注意しなければならないことがあります。それは手数料についてです。売買にかかる手数料は、当然のことですが、資産を入金する、もしくは出金する手数料まで考えなければ思った程利益が得られないです。なぜかと言うと投資信託はローリスクローリターンの商品が多いので、手数料を多く払っていると、せっかくのローリターンが失われてしまうからです。この手数料ですが、証券会社ごとに金額設定が異なります。手数料が安い分、営業のサポート時間が短い等、様々な理由があります。そこで、投資信託を買う際は、証券会社を比較検討する必要があります。その中でも手数料の比較は、かなり大事な部分です。そしてサポート体制の充実も大事な要因です。証券会社を比較する際は、手数料やサポートも含めてトータルで最適な会社を選ぶことが重要です。

金融商品の選び方

男性

証券会社で投資信託を購入するときには、様々な視点で商品を比較する姿勢が大切です。資産総額の大きさに注目して、海外リートのファンドを選ぶ傾向も顕著です。コストを考えてインデックス型のファンドを選んだり、投資対象のバランスを考えて商品を選ぶ人も多いです。

More Detail

大企業型と新興企業型

グラフ

証券会社では大企業が中心のインデックス型と、新興企業が中心のインデックス型投資信託が取り扱われています。2つの金融商品を配当利回りで比較すると大企業が中心のインデックス型の方が良く、基準価格の上昇期待で比較すると新興企業が中心のインデックス型の方が良いです。

More Detail