日本の免税制度を利用しなきゃ損!~どんな物が買えるのか?~

日本の免税店で賢く買い物するために~仕組みを解説!~

どんなシステムになるのか

街中で「免税」と書かれた看板やのぼりがある店舗をよく見かけるようになりました。日本人にとっては馴染みが薄い制度かもしれませんが、訪日外国人にとってはメリットの大きな制度になります。一体どんな商品が免税対象になるのかなど仕組みを詳しくみていきましょう。

日本の免税制度の魅力ランキング

紙袋
no.1

空港で並ばなくてよい

出国の際に空港で面倒な手続きをしなくてよいため、とても負担が少ないと評判です。商品の確認などもないため、スムーズに出国することができます。

no.2

手続きが簡単

免税ショップで税金が戻ってくるというシンプルなシステムが、とてもわかりやすいと支持されています。クレジットカードで買い物をしても現金で還付されます。

no.3

配送もOK

店から外国の自宅などに直接届ける場合も、免税を受けられることができるようになっています。持ち込んで出国する手間が省けてより便利になったと好評です。

日本の免税制度を利用しなきゃ損!~どんな物が買えるのか?~

免税

日本に来たなら

海外から日本に来た場合は、免税制度を活用してショッピングをするといいです。免税店がいたるところに急増していますので、訪日客にとってメリットは大きくなっています。利用用法は他国に比べて簡単でシンプルになっていると評判ですので、気軽に利用できるはずです。

レディ

対象品が多い

では、どんな物が免税対象となるのでしょうか。大きく分けると2種類の品目に分かれます。ブランド品や家電、ジュエリーといった一般品と、食料品や医薬品、日用品といった消耗品です。

マネー

上限は?

いずれも税抜き価格で5000円以上の買い物が対象となっています。一般品は上限はないですが、消耗品は上限が50万円と定められていますので、超えないように気をつける必要があります。

商品購入の注意事項3つ

免税

開封しない

商品は未開封のまま持ち出すことが原則となっています。消耗品は特殊な包装が必要です。

転売しない

個人が使用する目的以外はNGです。転売や商売目的は対象外となります。

合算はNG

一般品と消耗品はそれぞれで計算します。合算は不可ですので注意しましょう。

広告募集中